Home Discography Biography Schedules Media Blog MusicSchool Links ContactUS  
 
 
 
 
   
 
           
           
  1968       Mr.OH Yeah (Vo、Gt、Hrp) 東京都に生まれる。
           
           
  1978       はじめてギターを手にする。
           
           
  1987       某音楽学校にて、音楽理論、ギターを専攻する。
そのギター科にてウエストロード・ブルースバンドの塩次伸二氏に師事
ブルースギターと初めて出会い、その後の活動に大きな影響を受けた期間となった。
           
           
  1991       都内ライブハウスにて、ファンク、ブルースなどブラックミュージックに根ざした
バンドやセッション活動を開始。
           
           
  1996       都内ブルースバーのセッションで出会ったメンバーたちと、50年代シカゴブルースを
ルーツとしたバンド HOOKER を結成
そのリーダー、ヴォーカリスト、ギターリスト、ハーピストとして東京を中心とした活動が始まる。
           
           
  1997   9月   HOOKER 初 の5曲入りミニアルバム ’CHICAGO SOUND’ を 発表
Mr.OH YEAHは、この作品よりプロデューサー、サウンドエンジニアとしての仕事も開始する。
’CHICAGO SOUND’ は 都内タワーレコード、ディスクユニオンにてスマッシュヒットを記録する。
           
           
  1997   12月   東京のブラックミュージックの殿堂、高円寺JIROKICHIに出演
年末には当時海外のブルースの大物が毎年大挙来日していたブルースイベント 
’新宿パークタワーブルースフェスティバル’ にて カーターブラザース、シル・ジョンソン、
フィリップ・ウォーカーなどブルースの大御所たちのオープニングアクトを果たす。
           
           
  1998       自ら主宰する音楽事務所 Little mac music とCDレーベル Simmons Label を立ち上げる。
この年 HOOKERの活動としては神奈川、浜松、名古屋などへのツアーを含む年間40本のライブを行う。
5月にはアコーステックユニット ’フロミズワンダーズ’ のデモレコーディングのサウンドエンジニアを務める。
           
           
  1999   9月   10曲入りフルアルバムCD ’Blues Leave Me Alone’ をリリース 全国で流通するなか
某CD量販店のインディーチャートにてブルースのジャンルとしては異例のチャートインをする。 
発売後、その翌年にかけての高円寺JIROKICHIでのワンマンライブ
東海、東北地方などへのツアーを含む年間約50本のライブ。
           
           
  2000       当時 埼玉県浦和市(現在のさいたま市)にあった Blues House ’Mojo’ の
企画制作によるCDオムニバスライブアルバム ’Live at MOJO’ に HOOKERとして1曲で参加する。

この年から、HOOKERの活動と並行して、日本でのゴスペルシーンの第一人者
ラニー・ラッカー師のゴスペルクワイヤー ブライトライツ・クワイヤーに参加する。
各地のコンサート、ワークショップに出演
           
           
  2001   1月   ブラジリアン音楽歌手 ’YUKARI’ のデモレコーディングにギターリスト、サウンドエンジニアとして参加
           
           
      8月   ブルースの本場 アメリカ シカゴ へ初のブルース修行の旅に出る。
その秋に、シカゴにてアルバム Blues Leave Me Alone が発売される。
          
この頃よりHOOKERはバンドとしての色合いは弱まり、Mr.OH YEAHを中心とした
複数のパートのメンバーたちが参加するブルースプロジェクトとしての活動に移行していく。 
HOOKER、ブライトライツ・クワイヤーなど 年間延べ40本のライブ
           
           
  2002   1月   ゴスペルクワイヤ ’ブライトライツ・クワイヤ’(以下BLC) のCDレコーディングに参加
           
           
      8月   BLCのアメリカツアーに参加 デトロイトでのゴスペルワークショップでは約4万人の観衆の前でパフォーマンス。
地元新聞でもとりあげられる。
シカゴへ2度目のブルース修行に出る。
         
年間ライブ本数は40本
           
           
  2003   4月   ブルースギター後進育成のための機関を本格的に行うために、OH YEAHギタースクールを設立  
         
HOOKERとしてはこの年、ツアーを含めた年間約100本のライブをすると同時に、前&翌年にまたがり
ライブアルバムのレコーディングが数か所にておこなわれる。
           
           
  2004   1月   ゴスペルクワイヤ BLCを脱退
           
           
      4月   HOOKERとして5曲入りミニライブアルバム ’Living in the Blues’ を発表
2004年はHOOKERとしての活動が中心となり、ライブが年間延べ120本を超え
イベント、ライブハウス、ライブバー、ツアーとライブパフォーマーしての存在を確立させる。
           
           
  2005   5月   HOOKERのライブアルバム ’Living in the Blues’のプロモーションのためにこの年2回の渡米。
BB・キングの娘 シャーリー・キング、カール・ウェザースビー
菊田俊介etc現地のブルースアーティストとセッションし交流を持つ。
           
           
      11月   シカゴ在住邦人ブルースハーピスト&シンガー WABI の日本ツアー 東京公演にてギターリストとして参加

年間トータル80本のライブ
           
           
  2006   1月   次作CDのための曲作りが始められる。
それまでのブルースカバー中心の路線から広い意味でのブラックミュージックを昇華した上での
作詞作曲活動の試みがはじまる。
           
           
      4月   CDプロモーションのために渡米 シカゴ、メンフィスの現地ミュージシャンたちとセッションを行う。
           
           
      11月   次作CDのプリプロダクションを開始
年間40本のライブ演奏
           
           
  2007   1月   日本国内にてアルバム「Call Me Oh Yeah」のためのバックトラックのレコーディングが始まる。
          
以降 一年を費やし大物ゲストたちを迎え入念なRecが繰り返される。
           
           
      5月   米 シカゴにて ビリー・ブランチ、シャーリー・キング、丸山実ら
シカゴブルースの大物ゲストプレイヤーたちによるアルバム「Call Me Oh Yeah」
のためのオーバーダビングレコーディングが行われる。
           
           
8月〜11月   日本国内にて、菊田俊介(From シカゴ)、塩次伸二、石川二三男、KOTEZ etc 
日本のブルースシーンを支えるプレイヤーをゲストに迎えてのアルバム「Call Me Oh Yeah」
のレコーディングが成される。

年間ライブは約30本

           
  2008        
           
1月〜3月   最新アルバムミキシング編集  今回のレコーディングは、ほぼデジタルレコーディングとなるが
そのデジタル環境の中で、最大限のアナログ的サウンドを構築することを念頭にミキシングされる。 
           
           
      5月   HOOKERのライブアルバム ’Living in the Blues’ より数えて4年ぶり
8曲のオリジナル曲を含む最新CDアルバム「Call Me Oh Yeah」が完成する。
            
本作品より、これまでのブルースカバー中心の演奏活動からオリジナル作品を中心とした活動に移行したことを
表すため 正式アーティスト名称が HOOKER から Mr.OH YEAH & HIS BLUES PROJECT HOOKER となる
           
           
      8月   Mr.OH YEAH & HIS BLUES PROJECT HOOKER 最新CDアルバム「Call Me Oh Yeah」を発売予定
ゲストとしてシカゴより ビリー・ブランチ(Hrp)、BB・KINGの娘であるシャーリー・キング(Vo)、丸山実(G)、菊田俊介(G)
そして日本のブルースシーンから塩次伸二(G)、石川二三男(Hrp)、KOTEZ(Hrp) が参加した豪華なラインナップのアルバムとなる。 
           
           
  2009       みずから主宰するブルースワークショップ、ブルースセッションを東京池袋ブラックシープにおいて
毎月第2日曜日に始める。
           
          ライブ本数 日本各地での全国ツアー含め年間70公演
           
           
  2010       ライブ本数 日本各地でのツアー含め年間70公演
           
           
  2011       日本各地での音楽フェスティバルへの出演
           
          年間 ライブ本数
日本各地での音楽フェスティバルへの出演
ツアー 含め 年間80公演
           
           
  2012       自ら主催する音楽フェスティバル『OH YEAH FEST』を年次音楽イベントとして立ち上げる。
           
          年間 ライブ本数
日本各地での音楽フェスティバルへの出演
及び 全国ツアー 含め 年間80公演
           
           
  2013       アメリカ ブルースの本場シカゴに 1ヶ月滞在 ブルースクラブでのライブ演奏活動を行う。
           
          年間 ライブ本数
日本各地での音楽フェスティバルへの出演
全国ツアー 含め 年間80公演
           
           
  2014       アメリカ ブルースの本場シカゴに 3ヶ月滞在
          滞在中は、現地の黒人地域の学校でのブルースの音楽指導ブルースクラブでのライブ演奏、
黒人教会の礼拝での奏楽演奏等の活動を行う。
           
          年間 ライブ本数
日本各地での音楽フェスティバルへの出演
全国ツアー 米国での活動 含め 年間約100公演
           

Early year
 
 
With Billy Branch
 
 
With Shirley King Band
 
 
With Shirley King
 
 
With Carl Weatersby
at Buddy guy Legends
 
 
With Elmore James jr.
 
 
With Killer Ray Alison
 
Contact to Mr.OH Yeah
 
 
 
 
   
 
           
 

1996年、冬 Mr.Oh Yeah を主宰者としてシカゴブルースのサウンドをベースに活動を始めたブルースプロジェクト
現在では幅広いブラックミュージックでの解釈を軸にMr.Oh Yeah が選んだ複数のミュージシャンたちが参加

近年では、やはりMr.Oh Yeah が主宰するOH YEAHギタースクールでのミュージシャンの育成、そして音楽にとどまらない
Mr.Oh Yeah 自身が提唱するアート&カルチャーを具現化するプロジェクトとして活動の範囲を広げている。

 

以下  1997年〜2008年 の活動プロフィール


1997年の秋には5曲入りのカセットテープ“CHICAGO SOUND”  を発表。

都内某有名レコ−ドショップで2度のソールドアウトを記録する。
その勢いで日本のブラックミュージックの殿堂である‘JIROKICHI’に進出。
その冬には当時恒例となっていた‘PARK TOWER BLUES FESTIVAL‘  にもオープニングアクトで出演
“カーターブラザース”“シル・ジョンソン” “フィリップ・ウォーカー”などと共演を果たす。

その後日本各地をツアーを行なった98年の夏、タワーレコードの主催に
よるインストアライブイベントでは出演した日本のブルースバンド5バンド中でトップの売り上げを記録した。

そして1999年には遂に、待望のデビューフルCDアルバムである“Blues leave me alone” をリリース!      

さらにその翌年2000年にはblues house “MOJO”の企画オムニバスCD“Live at MOJO”にも参加してる。

2001年からはブルースの本場アメリカ、シカゴでもCDが発売されワールドワイドな活動が始まる。 

2004年、春にはHooker初めてのライブアルバム‘‘LIVING IN THE BLUES’リリース

2008年 4年ぶりオリジナル曲8曲を含むフルCDアルバム ’’Call Me Oh Yeah’’が完成
正式アーティスト名称がMr.OH YEAH & HIS BLUES PROJECT HOOKER となった現在
Mr.Oh Yeah はプロジェクトのオーガナイザー&オーサーとして存在している。

           
           
           
Mr.OH Yeah & Hooker
 
 
 

HomeDiscographyBiographySchedulesMediaBlogMusic SchoolLinksContact US

Copyright 2008 Little mac music All rights reserved.